2020/7/31

8chサミングアンプ @  プロオーディオ

 以前登場したドイツ製8chラインアンプ(ANT EV8?)で、サミングアンプの製作に取り掛かりました。入力がトランスバランスになっているEV8ですが、サミングした後のバッファアンプが必要になります。EV8が24V単電源なので、出来れば同じ電源で処理したいものです。そこで思い浮かぶのが、NEVEのアンプ基板になります。B208のストックがあるのでこれを使うとして、問題は出力トランスです。そう!NEVEと言えばもちろんMARINAIRですね!!LO1173を2個奮発しました。
 それぞれの基板の動作を確認して、組み立てに入ります。一つ問題になったのが電源ですが、オールディスクリート回路なので、電源容量が心配です。それぞれの基板について測定したところ。B208が1枚あたり70mA、EV8が55mAと言う事で合計200mAほど、スイッチング電源は使いたくないので、リニア電源にするとして、余裕をみたら結構しっかりした物が必要になります。写真に有るように、ラックケースはアンプ基板とトランスだけで満杯なので、電源は別付けにすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ