2020/8/23

8chサミングアンプ A  プロオーディオ

 ケースに部品を組み込んで、通電して動作を確認して行きます。しかし、ここで大問題が発生!入出力信号に問題は無いのですが、ヘッドルームを測定すると全てのchが3ⅾB程しかありません。これでは使い物にならないのですが、ドイツ製のラインアンプ基板では考えられないことです。最低でも20dBは欲しいのですが・・。
 いろいろ原因を推測しましたが、8chとも同じ状態なので個々の部品のNGは考えられません。そこで基本に戻って、電気回路的にヘッドルーム、つまりダイナミックレンジが取れないのはバイアス電圧に起因することが多いです。と言う事は、電源がDC24Vでは無いのかも・・。そう言えば電源回路のグランド側に逆流防止のダイオードが入っていて、信号出力(トランスレスでアンバラと思われます)のコールド側と電源のグランド側の導通が有りません。まさかプラマイ電源??
 思い切ってDC±15Vをそれまでの電源回路に繋ぎ、信号出力のコールド側に電源グランドを接地しました。なんと恐ろしい事に動作復活!ヘッドルームも20dB以上有ります!!ドイツ製基板はDC24Vで動作するという先入観で、とんでもなく遠回りをしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

 電源電圧がDC±15Vになったので、出力バッファアンプもNEVE/B208からAPI2520に変更になりました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ