2021/3/12

トランス変換BOX  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します 

 バランス回路ヘッドホン用に、パッシブタイプのアンバラ/バランス変換トランスBOXを作ってみました。単純にトランスでヘッドホン出力をバランス化するのですが、いろいろ試してみて、シグマ製ミキサーから取り出した日本光電製と思われるカットコアタイプのトランスを使てみました。最初はトランスの1次側(多分インピーダンス40Ω位?)から入力し、2次側(600Ω)で出力してSDR−CD900ST(63Ω)をドライブしてみたのですが、音源のヘッドホンアンプ出力に無理があるのかイマイチ音が納得できません。試しに逆に2次側から入力して1次側で出力にしてみると、なかなか良い感じです。
 パッシブなので音量は多少下がり、アクティブなヘッドホンアンプのようなエネルギー感は有りませんが、シンプルな回路構成の割には明らかに解像度が良くなり音の広がりも出て、バランス化のメリットが十分聴き取れました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ