2021/3/21

STUDER928 A  

クリックすると元のサイズで表示します 

 STUDER928チャンネルモジュールの改造に取り掛かりました。構成としてはHAとEQを生かしたチャンネルストリップとして、出力はPOST−EQのインサートポイント(電子バランス)から取り出します。モジュールは立体基板でVCAやアナログスイッチの論理回路も張り巡らせれているため、とても全ての回路を読み取ることは出来ません。ただ通常モジュール内の信号は上から下へ流れるのが常道なので、モジュール中央部のEQセクションの下あたりで切り離すことにしました。これでモジュールは30cm程になったので、インチラックサイズのケースに納まりそうです。果たして切り離したモジュールは正常に動くのでしょうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ