2021/8/2

トランス対決 続編  プロオーディオ

 「ST.IVES L31267」でトランスBOXを作ってみました。言わずと知れた、オールドNEVEのラインインプット用トランスですね。このトランスNEVEでは1次側10kΩ/2次側2、4kΩで使われていますが、このまま使うと6dBゲインをロスするため、1次側をパラ接続の2,4kΩとしてユニティーゲインとしました。
 早速音を通してみると、予想外(?)にフラットなイメージです。(LUNDAHLのような音の変化は有りません)しかし音域は上下とも伸びていて、低音域のベースの胴鳴りや高音域の金物類がとても気持ちよく聞こえます。しばらくお気に入りの曲を聞いていたのですが、音はフラットなのに何故か音楽がまとまって聞こえる事に気が付きました。(1ランク完成度が上がった感じです、理由は分らないのですが?)これがNEVEサウンドの源になっているのでしょうか?これぞ『王道!』と言う感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ