2007/9/20

NEVEタイプ/640プリアンプ A  プロオーディオ

 NEVE/BA−640をコピーし、ゲインアップしたマイクアンプ基板が完成しました。増幅率はおよそ20dB〜60dBです。さすがに50dB以上のゲインを稼ぐと、電源系のハムが気になってきます。スペースの関係でスイッチング電源を用いましたが、回路自体のSNが良いので特に気になります。悪戦苦闘した挙句、電源に平滑コンデンサーを追加し、フェライトコアを挟んでノイズレベルを下げました。写真のようにケースにはコンパクトに収まり、フロントパネルもシンプルにしたのですが、取って置きのSSLから取り外したスイッチ付きVRをファントム電源とゲイン調整に使ったところ、VRのカーブ(多分Aカーブ)が急すぎて、1番使いそうな40dBから60dBまでが時計の1時間(30度くらい?)で急変してしまいます。これでは使いにくいので、後日ロータリーSWに変更予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
 肝心の音色ですが、初めにTI社のNE5534Pオペアンプを使ってみました。音を出してみると低域の効いた厚みのある音がするのですが、中高域が延びずバランス的には満足がいきません。そこで次にSSL−4000Gのモジュールから取り外した、シグネティックス社(現フィリップス傘下)のNE5534Nと取り替えてみました。音の厚みは同じままで、中高域が出てきて音が前に張り出してきます。前回製作した「API/JH990 ディスクリートマイクプリアンプ」と比べたところ、自然な音色とバランス、透明感はかないませんが、中低域の張り出しはNEVEに近い感じです。今回は入出力トランスにタムラ製を用いていますが、MARINAIRかST.IVESを使えば本物のNEVEサウンドになるかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ