2008/2/23

ディスクリートアンプ@  プロオーディオ

 何かの放送用システムに組み込まれていたと思われる、ディスクリートアンプ基盤が手に入りました。基板には「58.8(昭和58年8月?)」とだけ表示があり、どこで使われていたか、メーカー、データも全く分かりません。
クリックすると元のサイズで表示します
 タムラ製トランスによるバランス入出力で、回路的には懐かしい2SC1000の2段直結にパワートランジスタによる電力増幅というシンプルな回路構成です。単一電源のようなので、とりあえずトランジスター、コンデンサーの耐圧を考えDC24Vをつないで見ました。回路は正常に動作して、オリジナルな状態で60dBのゲインが有ります。マイクアンプとして使うにはこのままでは増幅率が高すぎるので、ゲインを調整できるように改造しようかと思います。
 しかし帰還回路の抵抗値を調整してゲインを落としてみましたが、40dB以下になるとハムが発生してしまいます。オペアンプのゲイン調整の場合はこれで問題ないのですが・・・。いろいろ試してみましたがハムの発生を止めることが出来ず、仕方なくSNが悪くなりますが入力部にパッドを入れることにしました。また外付けのスイッチング電源を試してみましたが、電源ノイズに敏感でノイズレベルが納得する範囲に収まりません。この辺りが既成のオペアンプを使った回路と違って、なかなか気難しいところです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ