2008/9/12

ラインアンプ  プロオーディオ

 最近マイクプリアンプの説明をすると、「ライン入力はありますか?」という質問を良く受けます。以前はラインアンプの存在意味自体が「ゲインが変わらないアンプに何の意味があるの?」と言う意見に集約されていましたが、だんだんラインアンプの意義を理解する方が増えてきたのかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
 いままで幾つかのラインアンプを作ってきましたが、それぞれ個性のあるキャラクターはEQでは作りえない音の変化を与えてくれました。特に最近はデジタル音源やPCミックスなどデジタル化が進んだ為、俗に言う「デジタル臭さ」を消してアナログ風に色付けするための使用法が多いようです。しかしマイクプリアンプやEQ、コンプほど劇的な変化は無いので、まだまだメジャーにはなれないようです。
 ラインアンプの使い方で、以前興味深い経験をしたので紹介します。初めてNEVE(33416)のラインアンプを作った時、余りにも良い音だったので色々な音を通してみました。その中で一番印象に残ったのがリバーブです。当時個人的にはYAMAHAのREV-7を持っていましたが、出力にラインアンプを繋ぐことで、レキシコン480Lの音になったような気がしました!!
クリックすると元のサイズで表示します

 嘘か本当か試してみてください!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ