2008/11/24

プラス接地アンプ完成  プロオーディオ

 プラス接地アンプが完成しました。ケースに入れるに当たって、通常はケースにアースを落としてシールドと共通にするのですが、今回は(+)アースなのでシールドと共通にすると接続したほかの機器や、ファントム電源の供給に問題が起きそうです。基板を見回してみると、(+)アースと言っても問題はなさそうなので、とりあえずケースとは導通しないように絶縁型のスペーサーで浮かせて固定しました。
クリックすると元のサイズで表示します
 一通り結線が終わって、さて電源をつないで見ます。とりあえず基板は浮かせてあり、入出力はトランスで分離されているのでショートすることは無いはずです。安定化電源を24Vに設定し、電流計に注意しながら通電です。ラッシュで200mAほど流れましたが、50mAで安定しました。しかし出力はノイズだらけで、明らかにアース周りに問題が有りそうです。そこで思い切ってジャンパ線でケースにアース(電源の0V)を落としてみました!全くクリアです!これほど綺麗にノイズが取れると、気持ちが良いものです。電源電流にも異常は無いので、ショートしている形跡もありません。しばらくヒートランして、楽しみな音色チェックをしようと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ