2008/11/30

ICコレクション  プロオーディオ

 クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっと前まで、シグネティックス製5534などのモノリシックICにハマっていたのですが、ディスクリートアンプを作るうちに、ハイブリッドICのコレクションが出来てしまいました。API2520を筆頭にAPI2510、JH990、LX108、DMC163A、HM2010、HM901に加え、新参のYAMAHA NE80100、STUDER A101、TMA1620、TMA1620Bです。この内NE80100とA101は音を聞いていませんが(NE80100はAPI2520などとピンコンパチなのですが、ピンが太くテスト用の基板ソケットに入りません)、最近手に入れたTMA1620と1620Bの音色をチェックしました。
クリックすると元のサイズで表示します
 どちらも70年代のタムラ製で、1620が他のICと同じように樹脂でパッケージされているのに対し、1620Bは図体が大きくシールドされたプラスチック製のふたがあるだけで、カンタイプICが用いられ、NEVEのB440に似ていて期待が持てます。それぞれAPI2520、LX108、DMC163Aと比較しました。1620は外形はほぼ同じですが、LX108より中高音域に特徴があり、音が前に出てきます。1620Bは1620に厚みを加えた感じで、API2520に近い音です。1620Bは大柄な形状に応えてなかなか素晴らしい音で、アンプを作るのが楽しみになってきました!

6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ