2009/2/22

SSM 2142  プロオーディオ

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 SSL4000GパラメトリックEQをアルミケースに入れました。最近は四角い穴のあけ方も上手になり、なかなかピッタリ収まっています。さて入出力ですが、モジュール内のEQ基板のため当然アンバラで、アウトボード化するには、何らかのバッファーが必要に思われます。バランス入出力にする為にはトランスを用いれば簡単ですが、SSL4000Gは色付けの無さが特徴なので、オリジナル通りノントランスで処理したい物です。入力側はOPアンプ1個(シグネティックス製「NE5534N」)で受けますが、出力側は一般的に2個のOPアンプで反転、非反転回路を組み合わせてバランスにするのが通常です。

クリックすると元のサイズで表示します

 しかし今回はアナログデバイス製の「SSM2142」と言うICを使ってみました。このICは1チップの中に3個のOPアンプを内蔵していて、アンバランス回路からバランス回路へ簡単に変換してくれます。初めて使ってみたのですが、どんな物か楽しみです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ