こんにちは。こいでと申します。 急性リンパ性白血病で2010年の夏に骨髄移植をした夫の様子と、その嫁のつぶやき日記です。彼も病院のスタッフも精一杯頑張ってくれたのですが、2011年10月に力尽きました。 「死ぬのは怖くもないし、悲しくもないんだけど、ただシンプルに、残念だなあと思う。」忘れられない一言です。  → 闘病&その後は「お絵描き病院日記(〜2010)」+「ゆっくり歩く話」でどうぞ。

雪もとけて

2012/4/21 | 投稿者: こいで

暖かい日が続いています
4月は新しいスタートライン
3人でよーい どん!です

若者1も2も楽しそうに学校に出掛けていきます
玄関まで送っていく習慣は今もそのままです

少しずつ進んで行く季節に 貴方だけがいないんですね
いない 訳ではないけれど



お絵描きをまたはじめて 色鉛筆立てを移動させるたびに
貴方につくってもらった時のことを思い出します

こんな感じかな と私が絵を描いて
貴方がのこぎりと金づちを握って

ちゃんと使ってるよ
色鉛筆同士のぶつかる音が 心地良くて好きだよ

見えてるでしょ?
今日もこんな感じです
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ