日記

BNR32を愛する事務職サラリーマンが体力と資金の限界に挑んで趣味&家族に没頭する物語

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わっきー
本日、何もやる気が起きません(TT(TT(TT

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:浜ちゃん
特定の回転域だけが異常に濃くなる現象で、何らかのハードが原因というのは考えにくいような感じがします。
過去も背負ってますし(謎)
中途半端な負圧の時に濃いっていうことで、正圧がかかるとごまかせる範囲に入るということですよね。
ただ、正常なコントロール下で全域でリッチずれを起こしていても、元々の空燃比とのかけ算なので、元々が薄目の領域であれば、そこだけはストール領域に入らないで、程度次第で一応は吹けるということは考えられます。
カブってエンジンがストールするには、A/Fが8〜9位にならないといけないっていうか、9台位ならボボボの世界ですが止まることはないような気がします。
わっきー号のROMは空燃比学習をカットしてあるはずなので、
その後、何かやらかしてなければ(^^)、大丈夫なはずなのですが、32のECUはプラスマイナス25%まで、勝手に増減する能力がありますから
440→600ccインジェクタなら言わずもがなです。
KAZ−R号の段差乗り越えROMデータ破壊事件も不可解でしたが、今、最も疑わしいのは、非常に寒い所に行った関係での、結露によるデータ破壊ではないかしらと。
疑わしいのは柔らかいデータのRAMの方ですが、
電源外してリセットかけてもまだおかしいようであれば、ROMデータを一度チェックしてみる必要がありそうです。
ROMをソケット化していると、基盤の結露防止のコート剤を落としていますから、どうもそのあたりが怪しそうな気がします。
う〜む、マイナス11度。
投稿者:わっきー
はじめまして、とおりすがりさん。
道中、チェックする時間が取れない状況&再始動が出来ないと放置しなければならない環境(笑)だったので、上手く走行できる状況を見つけてノンストップで金沢まで走りました(^^; で、昨日(今日も)は年賀状制作に没頭&自身オーバーヒート気味で32は手付かずの状況です。

体調良ければ、皆さんのご意見参考にして午後から少しチェックしてみます。

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:とおりすがりですが
もうひとつ経験したことを書きますね。
回転をあげて走行するにはそんなに気にはならなかったです。(燃費は悪く、マフラー出口で赤ーくなってましたが)
O2センサーが壊れると、A/Fフィードバック(フィードバック制御をOFFにしているのならこの話は無用ですが)が正常でないので燃料は濃くなります。
あと、昔知人のR33でECCSハーネスとECU接続が甘く、燃料が濃くなる現象がありました。差しなおして復活したこともあります。何より復活することをお祈りします。失礼しました。
投稿者:とおりすがりですが
突然の書き込み失礼します。
O2センサーのカプラーははずして走行してみましたでしょうか?以前知人のR32も同じ状況になり、O2センサー不良だったことがあったので。
投稿者:ゴウ
3〜4000r.p.mって一般走行で一番よく使う領域ですよね。スロットルセンサ電圧の動きはどうですか?

ROMソケット&配線周りが接触不良とか(半田浮き、断線しかけなど)。

きわめてまれですがROMが壊れていることがありますので交換してみるとか(安物ROMやROM作成時の条件等によってはありえます)
投稿者:わっきー
エンジンルーム内の部品の取り外しはインタークーラーを含め、無かったものと思われます。
バッテリーは一度外して試してみます。

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:わっきー
もうちょっと、現象を正確にお伝えしますと。
アイドリングは若干濃い感じですが、普通にします。2,000r.p.mを上限に走行する分には何の問題もなし。一番良くないのは3,000r.p.m−4,000r.p.m付近でブーストを掛けずに燃費走行をする状態で、すぐに失火するくらいカブります。それを越して4,000r.p.m−6,000r.p.mで過給しながら加速する分には若干濃い感じはしますが、きちんと吹けていきます。たぶん、アクセル開度がある全域でかなりのガソリンを吹いているのではないかと推測しています。何かが壊れて、燃料が増量される想定なんて出来ないので困ってます。

あ、でも今日は年賀状書いているので困ってませんが(^^;

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:ゴウ
アイドリングは正常なんですか?
走行または加速しようとするとおかしくなるのですか?
エア系ホースの劣化による抜けなんかはチェック済みですよね?
(過去に高回転維持しないとエンスト&コンサルト異常なし時の原因がコレでした)
高負荷時のエアフロの動きが気になります。

な⇔お号に続いてLabでは試練が続きますね。
がんばって原因究明しましょう。
投稿者:浜ちゃん
リッチ、リーンを狐猿兎かけて状況を判定するのは、ROM改車は、「改」の状況によっては、元に戻しておかなくてはならない補正関係があるし、わっきー号のようにインジェクタ、エアフロ共交換車ともなるとすんげ〜不利っていうか、要するにVQとK定数をいじった上じゃないときちんとアイドリングしないばかりか、補正でつじつまあわせていたりするんで、元に戻したデータ、もしくはそのままの状態でも判定では判断がむずかしくなってしまうのではないかと思われます。

このデータ見る限りでは、エアフロの電圧からアイドリング中ですよね。
水温が見にくいですが84度でしょうか?
O2センサー0.01Vと揃っているので、本当ならリーン表示されなければならないのにリッチ表示されているので、状態としてはおかしい訳です。
異常なし表示だから断線はないと考えていいんですよね。
何かの時にノーマルROMを刺したり、空燃比学習が解除されていないROM刺したり、変な学習分がRAMの中に残っていません?
いったん、バッテリー端子外して、メモリを消去して再チェックしてみたらどうでしょうか?

それと、今回のレストア?ではエンジンの脱着やら配管、配線の脱着はアリですか?
「行き」にはなんともなかった症状が「帰り」には出たということですよね。
それから、私も経験があるんですが、ROMを何回も書き換えている途中でなぜかスピードリミッタがそのままになっていて、前のデータをキャリーオーバーしているはずだったのに、どこかでノーマルデータを間違えて使っていたのでしょうが、意味不明の燃料カット(単なるスピードリミッタだった)に悩んでいたことがあります。
ROMのデータのカット関係や補正関係は書き換えの際におかしくなっていないでしょうか?
ずっとリーン信号で濃くなっていった可能性も考えられると思われます。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ