日記

BNR32を愛する事務職サラリーマンが体力と資金の限界に挑んで趣味&家族に没頭する物語

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わっきー
へ?
F430って最新のV12?
外車にうとい今日この頃(爆)
投稿者:浜ちゃん
わっかりました。ってだれも興味ないか(笑)
これ、板もキャリパーも最新のF430からの流用です。
F430はブレーキはすんごいのおごりましたね。
純正は黄色なので色塗りですが。
屁もやっとブレーキにカネかけだしたんでしょうか。
投稿者:パックンチョナンカン
リヤキャリパーはどうも996ターボのフロント用じゃないかな。板はGT2PCCB。
自分が夢見て準備していた(貯め込んでいた)組み合わせじゃないか、クソっ。
先を越された!って、鉄板ですが(TT)
腑に落ちんのは、前の板なんすが、このキャリパーのパッドって、横幅(縦幅?)がびっくりするほど広くって、まさに草履なんですね。
通常の板だとパッドがかなり横にはみ出る。
ですから、P純正板PCCBは摩擦面の幅が異常に広い。
炭素板用だと通常は販売品としてカタログモデルになっているものはいわゆる「細長いパッド」なので、こんな写真のようなデカ杉・幅広杉炭素板ものがあること自体が変です。キャリパー流用している位なんで、非常に高価な炭素板ワンオフはないと思うし。
Pか便の時期モデルの雑誌に出ている何かすんげ〜やつに純正搭載される予定があるのかもわかりま変。前段階として、すでにOPがあるの鴨。
投稿者:わっきー
ご要望?にお答えして写真大きくしました(笑)
ロータをクリック!

しかし、キレイに磨かれてるのか、はたまた炭素板&炭素摩擦材は粉が出ないのか、それともキャリアカーで運んだのか?
投稿者:ぱっくんちょ
炭素板って通常っつか、レースしか使用しないし、必要なクルマって、フォーミュラのタイヤ小さいやつだから、大きな炭素板は極めてスペぺペッシャシャシャルだな〜。ブレンボの鉄板なら一般人でも400ミリまで買えるんだが。
GTとかは、炭素板禁止ルールじゃなかったっけか。
885ホイールだし、多少内腔が狭めだとしても写真からは380ミリ以上はあるな〜。
リヤのキャリパーは何だろう?
投稿者:わっきー
やっぱり食いついた!(爆)
リアでΦ350、フロントは驚くほど大きかったです。
19インチの鍛造BBSいっぱいいっぱいですから。。。。
投稿者:浜ちゃん
フロントのキャリパーは掘脂恵のPCCB用6ポット(セラミックピストン)の色塗りですね。私のコレクション(爆)にあるやつです。KAZ−Rさんとこに写真あります。
リヤはみにくくてよ〜わからんとです。
ディスクもカーボンでP純正(穴開いてますから)なら前後とも350ミリなんですが、もっと大きかったですか?
投稿者:わっきー
どーりで、フツーのフェラーリと雰囲気が違う訳だ。(^^
こんなクルマでも走れば消耗しちゃうんだよな。
こういう雰囲気のヴィッツ作ってくれればヴィッツレースも人気出ると考えてました。エンジンは1000ccで桶!

あ、ソレがロータス路線か(爆)
投稿者:まつ@自宅
レース用じゃなくて、レース仕立てを体感するためのロードモデルが正しい認識かなぁ・・・まぁ、関係ない世界ですが・・・(>_<)
投稿者:まつ@自宅
こッ!これは、チャレストじゃないっすか!!チャレンジストラダーレ。確かレース用ベース車として出したヤツですよ。どの程度、標準車360モデナとちゃうかしらんけど・・・乗ったことのある人しかわからんわなぁ(^o^)

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ