日記

BNR32を愛する事務職サラリーマンが体力と資金の限界に挑んで趣味&家族に没頭する物語

 
« 座学 | Main | 潔い »
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:浜ちゃん
ローター側、もしくはディスク側を長穴にしてギュッと締めた状態は、フローティングとは呼ばない(呼べない)っていうことで、厳密にはギュッと締結してもガタガタしている状態、すなわち、これは締め方が緩いんじゃなく、ローターがベルのどちらかボビンに固定されているだけの状態で、ボビンは相手に嵌っているだけっていうことです。
ローターの2枚の煎餅は、イン側とアウト側では、ベルへの放熱や遮熱板からの照り返しなどで相当膨張が違うので反り返りがかなり出るということや、重量物の高速回転でのジャイロ的慣性力と、ハンドルを切った時の向かなければならない方向との喧嘩での煎餅の波打ちなんかの問題があるものと思われます。
かなり専門的なノウハウがあるはずです。
投稿者:わっきー
>浜さん
よーわかりません(^^;
取り付け座の厚さが同じならノックバックも大丈夫かと・・・・

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:浜ちゃん
ラヂィアル方向のフロートは、結構テキトーでもいいんでしょうけど、アキシャル方向が問題です。
ストリートでは、ノックバックが恐いので、考え方次第だと思われます。
ま、うさんくさげなノックバック防止用のピンもありますけど、分厚いワッシャーを少し湾曲させたものでも代用できるようなレベルです。
投稿者:わっきー
>相模原のなんでも屋さん
ドコまで馬力上げるの?(笑)

>浜さん
スリットローターもベーン加工はありますが、その内側の鋳物は失敗したようにブツブツボコボコです。それが冷却フィンの表面積を増やしていると思えば納得の仕上がりです(笑)。ドリルドローターは間違いなくリジットマウントです。全く動く余裕がありません。でも、このピンはそのままフローティングに使っても差し支えないものだと思います。
来週にでもベルのインローを削り落として取り付ける予定です。

加工は、いつものO技師頼りです(爆)

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:浜ちゃん@一応なんか言わないと
ディスクも外径が同じでも、種類がいっぱいあるんで、互換性は現物じゃないと、ブレンボは情報少ないです。
日本人には受け入れられない(と思う)ブレンボ板の架橋構造の鋳抜きの失敗のようなブツブツデコボコは実は非常に放熱性に優れた構造であります。
ただ、フィンベーンの方がかっこよく、日本人には受け入れやすい。
ドリルドローターですけど、写真見るとほとんどフロートがなかったですね。
スリットのローターはディスクフローティングのタイプですね、専用のピン(ボビン)が必要と思われます。
フロートを大きくすると、ノックバックが怖いし、ディスクの穴周辺を加工して無理矢理いくのは、
強度が落ちるので、フロート共々がたつきながらの強度低下は、少し怖いちや恐い鴨。
投稿者:相模原のなんでも屋
F50買うくらいならタービン交換しちゃうなぁ。(爆)

仕方ないので、とりあえずリアにBiotいってみるかな。
投稿者:わっきー
>春道さん
合わせて愕然!ですです(TT
諦め悪い性格ですから何とか取り付けを考えます。(爆)

>TAMさん
そうそう、タイミングもピッタリ(笑)

>相模原のなんでも屋さん
いえいえ、オフセットはキャリパーのRとローター径が合わないのでオススメできません。
「男は黙ってGOLD brembo」逝ってください(笑)

http://green.ap.teacup.com/wakucen/
投稿者:相模原のなんでも屋
ついでにオフセットアダブターもさくさくっと...(爆)
投稿者:TAM
「いつも頼れる春道パーツセンター」
32乗りの味方ですな。(笑)
投稿者:春道
ひぇ〜またもボルトオン不可でしたか(残念)
このローターが普通じゃないのか、、、
オク流しされてた原因判明?(^^;

http://www.harumichi-room.com
1|2

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ