2017/1/23

イソヒヨドリ  生態
  予報どおりの寒い朝、気温は0℃。
  青空の広がる一方で、灰色の雲が広がって今にも小雪が散らつきそ うです。
  これだけ寒いと、散歩の足も遠のいてしまいます。

  この冬は冬鳥が少なく、年明けには地上を飛び交っているはずのツ グミがことしは1羽も見られません。
  そんな中、昨日は少し鳥運に恵まれました。
  まず、イソヒヨドリ。
  久しぶりに目の前で遊んでくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

  ジョウビタキを追っているとウメが咲き始めているのに気づき、両 方を狙ったら、ジョウビタキは飛んでしまい、梅の花はぼけぼけ。
  おお悲し。

クリックすると元のサイズで表示します


  なんとか♂だけ撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します


  このところユリカモメが増えてきました。
  年中トビにも餌やりをしている餌まきおばさんのパン屑に友が友を よび、増えたのでしょう。
  300羽前後が集まっています。

クリックすると元のサイズで表示します


  ユリカモメやカモに混じって、寒い冬を和ませてくれる仲間はカワ アイサ、キンクロハジロ、オオバンたちです。

                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ