2017/11/17

野生動物と共存できるか  books
クリックすると元のサイズで表示します

生物多様性」やっぱり「共存」ってことなんだろうな。人の世界では人種差別とか女性蔑視、普通なんだけど、生物の世界じゃテリトリの主張での戦いはあるけど、入ってこなきゃ「ともいき(共存)」してますよね。それで何万年もやってきたんだ。
「駆除」なんてことばがあるけど、「ひと」って立場からの発言だよね。これっておかしくねぇ、「ヌートリアは移入種でありまして、増えましたんで駆除します」なんてさっ、彼らの言葉が通訳できれば「おめいらが持って来て増やしたんだろうが」なんて主張するはずです。あまりにも身勝手やありませんか ?
 たまにこんな事も考えてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

    野生動物と共存できるか 高槻 成紀 著
      保全生態学入門
      岩波ジュニア新書 536
      ISBN 9784005005369
      定価 本体820円+税




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ