2018/6/30

アメリカの鳥  行事
クリックすると元のサイズで表示します
    カーディナル

 毎年夏〜秋、アメリカに滞在されるIさんに、現地で撮影された野鳥写真を紹介していただくこの企画。2年ぶりの今回は動画も見せていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 冒頭からヒメコンドルやホワイトペリカンなど、日本ではお目にかかれない鳥に、参加者の目が釘付けになります。ミサゴは日本でもおなじみですが、現地(ミネソタ州)では繁殖を支援するためにプラットホーム(コウノトリの人工巣塔に相当)が設けられているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 タカの渡りの観察ポイントでは、ハネビロノスリが1日に2万3千羽カウントされたとのこと。岩間山の2年分が1日で渡っていくわけです。キャラクター「ウッドペッカー」のモデルになったカンムリキツツキは、木に穴を掘る動画も見せていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのほか、アメリカヤマセミ、頭頂部に赤いハートがあるルビーキクイタダキ、ゴルフのマスターズのTV中継で日本でも声が聞けるというカージナル(写真)など、アメリカならではの鳥が次々に映し出されます。
 アメリカフクロウも写真と動画で紹介していただきました。姿は日本のフクロウと同じですが、鳴き声も、魚やエビなど水生動物を捕食するという生態も異なります。
 参加者からは次々に質問が飛び出し、終了してからもしばらく日米の鳥談義が続きました。    室内例会 2018年6月24日 K.S wrote

クリックすると元のサイズで表示します
            ルビーキクイタダキ



                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ