2019/8/6

真夏の鴨川をのぞいてみよう  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 梅雨も明けていよいよ夏になりました。セミの声がよけいに暑さを感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥たちはというと、繁殖期も終盤となり、鴨川のチドリは姿を消してしまっていました。ツバメも随分と減ってきたように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

 一方、マガモ(アイガモ?)はまだ子育て中のもいます。目の前の草陰でヒナがパンくずを漁っていますが、こちらに寄ってくるところを見ると随分人慣れしているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

 アオサギ、スズメ、ムクドリ、ハクセキレイなどの幼鳥も見られました。賀茂大橋下で口内が赤いハシブトガラスの幼鳥を観察したあと、気温が高くなってきたので少し早めの解散としました。                     鴨川探鳥会 2019年7月28日 S.Y wrote

●見聞きした鳥 天候:
マガモ、カルガモ、キジバト(2)、カワウ(4)、ゴイサギ(1)、アオサギ(4)、ダイサギ(3)、コサギ(3)、トビ(7)、ハシボソガラス(2+)、ハシブトガラス(7)、ツバメ(10±)、コシアカツバメ(3+)、ムクドリ(8)、スズメ、ハクセキレイ(2)、セグロセキレイ(6)、ドバト 18種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ