2020/1/23

冬の貴婦人に会いに行こう!  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 天気もよく、そこここで新年の挨拶が交わされて、心も晴れ晴れします。
 興戸駅を出発して、最初のポイントの水を抜かれた2つ目の溜め池でイカルチドリ、残った水たまりにたたずむコガモとカイツブリを観察しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 途中の耕作放棄地の草むらでホオアカとカシラダカが出入りしていたので、3つ目の溜め池の堤防に上がり、ここからじっくり観察します。

クリックすると元のサイズで表示します

 溜め池の中にはクサシギ、タヒバリがチョロチョロ。電柱にはノスリ、チョウゲンボウが止っていて、見るほうも大忙し。
 その後まだ見ぬタゲリを探しますが見つかりません。年末の下見時には8羽いたので、今日はどこかに出掛けているようです。
 結局タゲリは見れませんでしたが、ハイタカ、ハヤブサが近くを飛び、鳥合わせ直前にはオオタカ幼鳥も現れて、タカづくめの探鳥会となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、下見時や探鳥会で常連のタシギが見れなかったのはナゼ?             新春草内探鳥会 2020年1月4日 S.Y

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候:
コガモ(1)、カイツブリ(2)、キジバト、カワウ(2)、アオサギ(3)、ダイサギ(2)、ケリ(10+)、イカルチドリ(3)、クサシギ(1)、トビ(3)、ハイタカ(1)、オオタカ(1)、ノスリ(1)、チョウゲンボウ(1)、ハヤブサ(1)、モズ(4+)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ(9)、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ(5+)、ジョウビタキ(1)、イソヒヨドリ(1)、スズメ、キセキレイ(1)、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ(11)、カワラヒワ(6)、ホオジロ、ホオアカ(3)、カシラダカ(30+)、アオジ(1)、ドバト(48) 36種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ