2020/4/30

河原で遊ぶときは子育て中の鳥に注意!  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 新型コロナウイルスによる外出制限の中のゴールデンウィーク、近くの河原で水遊びされる方が多いと思いますが、鴨川などの中州や寄州では、春から夏にかけてチドリやカモが巣を作って子育てをしています。
 目立たない羽の色で外敵(カラスやタカなど)から身を守るチドリは、人間の目でもとても見つけにくい鳥です。卵やヒナも小石にそっくりで、人が中州を歩くと、うっかり踏みつぶしかねません。
 また中洲に石を投げたり、犬が入って来ると、親鳥がびっくりしてはなれてしまうので、卵やヒナを守ることができなくなります。広報部

  みなさまにお願いしたいこと
 ・卵やヒナをふまないよう、お気をつけください。
 ・イヌの散歩は、中洲や寄洲をさけていただけると、チドリも安心です。
 ・中洲に向けて石や物を投げたりしないでください。
 ・チドリがいた場合は、ゆっくり下がって距離をとってください。
 ・子育て中はなるべく近づかず、遠くからそっと見守りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
    イカルチドリの親鳥とヒナ



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ