2020/11/16

秋の渡り鳥と初冬の冬鳥  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 当日お試し入会の一般1名を含めて16名が集まり、天候も良く快適に探鳥会が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

 冬鳥はまだ少なく、高い木の上に残った実に集まる小鳥たちは、高くて見にくい位置にいましが、イカル、アトリの群れを見ることが出来ました。
          京都御苑探鳥会 2020年11月14日 S.F wrote

●見聞きした鳥 天候:
マガモ(6)、キジバト、トビ(4)、コゲラ(4)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ(1)、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、アトリ(100±)、カワラヒワ、シメ(1)、イカル、カシラダカ、アオジ、ドバト ドバト除く 26種

クリックすると元のサイズで表示します


参加者の感想文
小鳥が好きな休学中の息子の外出のきっかけになればと思い、息子と一緒に参加しました。そのため私自身は鳥のことは全く分かりませんが、担当の方が「今コツコツと聞こえているのはコゲラが虫を獲るために木をつついている音、パチンパチンと聞こえるのはイカルがくちばしで実を割っている音」などと教えていただき、豊かな自然を感じることができました。植物についても教えていただき、とても楽しい時間でした。案内してくださった皆さまに感謝申しあげます。M.N.




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ