2021/7/22

留鳥をじっくり観察してみましょう  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 久し振りの探鳥会でした。週平均の新規感染者が30人を超えると中止になるということでヤキモキしましたが、29.3人で何とか開催にこぎつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥の方は7月ということもあって少なかったです。それでも何種類かの幼鳥が楽しませてくれたり、ヤブミョウガが満開だったり、たくさんのキノコがあったりなど、鳥以外でも見どころはいろいろとありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 この時期の目玉はやはりアオバズク。前日の下見では1カ所目で巣立ちした3羽と親を確認していたのに見えず、2カ所目で親鳥を確認できました。ここでの巣立ちはもう間もなくでしょう。
            京都御苑探鳥会 2021年7月18日 K.I wrote

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥
キジバト、トビ、アオバズク、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ドバト キジバト、トビ、アオバズク、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ドバト 19種 

クリックすると元のサイズで表示します





                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ