2021/9/2

探してみよう! 山科川の夏鳥と留鳥たち  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 クマゼミが騒がしい六地蔵駅前からのスタート。早速、マンションでイソヒヨドリを観察し、幸先良しと思いきや、JR橋のイワツバメは全員巣立って、もぬけの空っぽ。セイヨウミヤコグサの黄色い花、風に揺れるネムノキ、満開のホルトノキなど見ながら山科川沿いを歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します
    ホルトノキ    

クリックすると元のサイズで表示します

 カラスの幼鳥が中州に遊ぶのを眺め、アオサギのオイカワ捕食を見物し、合場川で魚を狙うゴイサギを観察しつつ、新小石橋へ到着。橋のきわで一瞬出現したカワセミに心を残したまま解散となりました。
         山科川探鳥会 2021年7月17日 カジタマナブ

クリックすると元のサイズで表示します


●見聞きした鳥
マガモ(9)、カルガモ(1)、キジバト、カワウ、アオサギ、ゴイサギ(1)、ダイサギ、コサギ(1)、カワセミ(1)、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ドバト 23種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ