2021/9/30

『そんぐぽすと』232 (10月〜11月号)   そんぐぽすと
クリックすると元のサイズで表示します

 京都支部の会員誌『そんぐぽすと』232号(10月〜11月号)を発行しました。今号も4ページ増の36ページ構成です。

クリックすると元のサイズで表示します

 特集は「モズ」。はやにえ、「小さな猛禽」と呼ばれる獰猛さ、高鳴きなど、他の小鳥にはないモズの特質について解説しています。それに付随して、会員によるモズ営巣の報告記事、逢坂剛さんのサスペンス小説『百舌落とし』の紹介記事も掲載しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 「鳥のお風呂」では、水浴や砂風呂、カラスの煙浴、オナガの灰浴や火浴、クロツグミなどの蟻浴までさまざまな入浴方法を紹介しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 「鳥が教えてくれるテクノロジー」では、生物をヒントにして生まれた技術「バイオミメティクス」の中から鳥由来のものをピックアップ。アホウドリをヒントにして開発された翼の先端が上下に曲がるエアバス社の航空機、イヌワシなどの翼の形状を取り入れたシャープのエアコン室外機などを紹介したほか、今後応用が期待されている鳥の生態や機能についても言及しました。
 そのほか、「鳥たちの受難」シリーズとして交通事故(ロードキル)、「野鳥画の系譜」シリーズ最終回として「画家たちは何を見て鳥を描いたか」、「ヤマガラの芸」、京都府初となるシラコバトの観察記録など盛りだくさんの内容で編集しました。広報部



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ