2021/11/18

冬鳥はそろっているでしょうか?  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 人数制限がある中、多くの方が参加できるようにと、前回に続いて北の乾御門と南の間之町口集合の2班に分かれての開催でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 今年は季節の移ろいが遅いのでしょうか、例年なら見事な紅葉を楽しみながらの探鳥となるところですが、一部は紅葉を始めているものの、まだ青々としたイチョウやカエデが目立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんな気候の関係もあるのでしょうか、また、3カ所で新たな休憩施設等の新築工事が行われていることも影響があるのか鳥が少ない。種類はそこそこ出てますが出現頻度は低く、残念ながらじっくりと見られた鳥は少なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

 でも気持ちの良い青空の下、皆さんと一緒に歩けたことは、コロナ禍以前の日常が少しずつ戻りつつある喜びを実感しました。もちろん、まだまだ気は抜けませんが。
           京都御苑探鳥会 2021年11月13日 K.I wrote

クリックすると元のサイズで表示します


●見聞きした鳥
マガモ20+(上空)、キジバト7、アオサギ2、トビ2、コゲラ3、モズ1、ハシボソガラス多、ハシブトガラス多、キクイタダキ10±、ヤマガラ3、シジュウカラ10+、ヒヨドリ多、ウグイス3、エナガ15、メジロ10+、シロハラ1、ルリビタキ1、ジョウビタキ2、スズメ多、ハクセキレイ4、セグロセキレイ1、ビンズイ3、アトリ20+、カワラヒワ5、シメ1、イカル10+、アオジ2、ドバト多(食痕あり) 28種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ