2022/4/20

そろそろ夏鳥が来る頃です  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 予約不要になって初めての京都御苑探鳥会。多くの参加者が見込まれるとあって、リーダーも6名体制で臨みました。

クリックすると元のサイズで表示します

 予想通り40名を超す参加者でにぎわい、あちこちで「お久しぶり〜」の声がかかります。本来の探鳥会の姿に近づいたようでうれしく思うと同時に、感染リスクの不安もあり、過密にならないよう3班に分けて出発しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 冬の間は工事中だらけだった騒がしさに変わり、鳥たちの囀りがたくさん聴こえます。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥はまだ冬鳥の方が目立ちます。特にツグミ、シロハラ、ビンズイはたくさん残っていて、ビンズイはあちこちで囀りを聴かせてくれました。アオバト、ルリビタキ、シメ、アトリ、アオジもいて、出現鳥だけを見ると、まるで冬場の探鳥会みたい。反対に夏鳥は少なく、オオルリ、キビタキだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 数日前の下見の時はほぼ出そろっていたのですが、今日はタイミングが合わなかったようですね。
              京都御苑探鳥会 2022年4月17日 K.I

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥
キジバト、アオバト(2)、アオサギ(1)、トビ、ハイタカ(1)、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ(雌1)、イソヒヨドリ、キビタキ、オオルリ(2)、スズメ、セグロセキレイ、ビンズイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、イカル、アオジ、ドバト 31種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ