2022/4/23

冬鳥と夏鳥の出会い   行事
クリックすると元のサイズで表示します
    ニュウナイスズメ

 平日の予約不要の探鳥会。コロナ禍でも密にならない程度の参加者数でした。
 今年の三川合流の桜並木は遅くまで花が残り、花見にはいいのですが、逆に若葉の出るのが遅く、葉を食べる毛虫の発生も少ないようです。
 そのためか毛虫を食べに立ち寄る夏鳥も少なくて、期待していたコムクドリは見ることができませんでした。
 カモ類もほとんどが北に旅立ち、野鳥の種類は全体的に少なかったです。
 昨年のケリの繁殖地が今年は駐車場になって、この地のケリの繁殖は年々厳しくなっています。
         三川合流平日探鳥会 2022年4月12日 S.F wrote

●見聞きした鳥
キジ、オカヨシガモ(4)、ヨシガモ(9)、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ(1)、ダイサギ(1)、オオバン(1)、ケリ(2)、コチドリ(2)、ミサゴ(1)、トビ、ハイイロチュウヒ(1)、ノスリ(1)、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、セッカ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ 37種 +カワラバト(ドバト)

クリックすると元のサイズで表示します
    キジ



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ