2022/4/29

春が来た!チドリの雛もそろそろ登場?  行事
クリックすると元のサイズで表示します
    ニュウナイスズメ
 3カ月ぶりの鴨川探鳥会は今回も2班に分けて実施。ソメイヨシノのピークは過ぎましたが、ツバメの舞う春らしいおだやかな日和でした。
 今回から、リーダーのみスコープを持ち、参加者には透明プレートを配って、プレート越しに見てもらうこととしました。前回までは鳥のいる場所をなかなかうまく伝えられず、もどかしい思いをしましたが、随分楽になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
    ノビタキ
 カモはすっかり減りました。イカルチドリやコチドリを観察しながら歩いていると、本日の目玉・ノビタキが出現。黒く正装した雄を心ゆくまで堪能しました。なお、先行班ではサクラ並木にニュウナイスズメも見られたとのこと。
 思いのほか観察に熱中して、予定時間を超えて鳥合せ、無事解散となりました。
              鴨川探鳥会(2斑) 2022年4月9日 Y.K

●見聞きした鳥
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト2、カワウ2、アオサギ1、コサギ6、オオバン3、イカルチドリ6(うち雛2)、コチドリ2、イソシギ2、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ1、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ノビタキ2、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル、ドバト 30種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ