2010/2/17

比叡山探鳥会  行事
「真冬の鳥たちに逢いに行きましょう」

クリックすると元のサイズで表示します
                       キバシリを見る。
 キセキレイもシロハラもホオジロすら見られなかった、しかし自然の風景は繰り返さない。常に変化している。美しい光景も二度と目にすることはないし、またそこにいなれけば見ることも感じることもできない。
 極寒、静寂の雪道に生物のうごきがないということは決して無い。私たちの幸福が野鳥との出合いだとすればこの日も実に良い時間を過ごしたことになる。
                   比叡山探鳥会 (1月23日)

クリックすると元のサイズで表示します
         坂本ケーブルの待合室にはストーブが入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
     カヤクグリ(英名: Japanese Accentor)Prunella rubida スズメ目イワヒバリ科
      亜種: P. r. rubida 他、エゾカヤクグリP. r. fervida(北海道)  / Photograph Σ


クリックすると元のサイズで表示します
             カヤクグリに見入る。
              (写真をクリックすると大きくなります)


●見聞きした鳥
トビ、キジバト、アオゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、カヤクグリ、ルリビタキ、ウグイス、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、キバシリ、メジロ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、イカル、カケス、ハシブトガラス 20種

クリックすると元のサイズで表示します


                次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ