2011/7/22

ビデオ鳥便り・巨椋編  生態
 6月中旬、近くの巨椋で鳥を撮ってきましたのでご紹介します。
 まずは、巨椋の主・ケリ。撮影中は気づかなかったのですが、編集段階で別カットの隅をよく見ると、ヒナが2羽映っていました。この2羽は子育て中のパパとママのようです。

    

 次はアマサギ。風が強いのでマイクオフで撮影しました。木の枝をくわえた1羽がウロウロしていますが、巣材に使うのでしょうか。そもそも巨椋のアマサギの営巣地はどこにあるのでしょう?

    

 巨椋の干拓田から宇治川の堤防へ移動し、源内で再びオオヨシキリを撮影。前回ご紹介した映像が粗かったので再挑戦です。
オオヨシキリにもソングポストがあるようで、この個体は最も高いヨシに何度も止まって鳴いていました。それが分かっていたので、空バックにして、いわゆる置きピンで撮りました。

    

 もう一つ気づいたのは、ギョギョシと鳴く直前に頭と喉の毛を逆立てること。自分を大きく見せようとしているのでしょうね。


               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ