高き峰々への誘い

何故山に登るのか?登山は無償の行為だという。確かにその人の人生に直接利益をもたらすものではない。また、素晴らしい山へ登り、ただ疲れて帰るというのではつまらない。高き峰々は都会の喧騒で疲れた心身を休めてくれる涼しい風で迎えてくれる。
山へ行け、君の憂鬱のすべてをば、リュックサックに入れて(大島亮吉)

 

バリエーションルート

沢登り

沢登りの記録

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ryugin
すごいの一言です。迫力がありますね。

http://8051.teacup.com/ryujin/bbs
投稿者:Rock'n roll
この調子で、Rock'n roll.
投稿者:ちょび
すごいねえ。。
この岩山を重い荷物を担いで登るんだもんね。。
山好きな人にしか出来ないわ(^▽^;)
お疲れさま〜♪
投稿者:harukun
槍の穂先に立って、四方のパノラマが堪能ができた。夕方まで まあまあの晴天がつづき 大喰→中→天狗原→氷河湖→お花畑への回って下山した。途中「ナナカマド」の実に群れる猿の群れに出会う。遥か向こうに常念、大天井から東鎌へのなだらかな稜線、樅沢から三俣への尾根が初秋の日差しをうけ トレッキングの列が
あちこちにあった。北鎌はあれか・・。んん・・。とりあえず「難行」だったが無事下山。はるかな山に感謝する。友も満悦のよう・・。


http://haruo_s_yama@ybb.ne.jp
投稿者:ヨ〜ヨ
スゴイ岩っ!(@_@;)
こんな所 登ったの〜ぉ!?
鍛えないとダメな訳が、分かったヨ。。。

無事生還してくれてヨカッタ〜
(*´▽`*) ホッ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ