2013/9/10  21:08

北アルプス・常念岳〜単独〜  穂高岳周辺

15日は下り坂の天気予報につき予定を変更して14日早朝から入山、その日のうちに常念岳(2857m)を登り常念小屋にてテント泊。翌日15日早朝下山
クリックすると元のサイズで表示します
と思っていたが、14日未明より天候悪化の天気予報となったため日帰りに変更

13日 新宿(JR)穂高−あづみ野CC泊
大糸線、穂高駅よりバス利用で烏川橋で下車16:10。烏川橋より徒歩で今宵の宿、ヒエ平に近いゴルフ場のロッジにて宿泊16:50着(標高960m)

14日 泊−ヒエ平(一の沢)6:40−常念小屋10:00P−常念岳11:00−ヒエ平15:00−あづみ野CC泊
一ノ沢高巻き取り付き
クリックすると元のサイズで表示します
ヒエ平から常念小屋までは急登もほとんど無く楽勝

常念小屋より槍ヶ岳
クリックすると元のサイズで表示します
一ノ沢コースは左右から湧き水が流れ込んでいる

常念小屋より大キレット
クリックすると元のサイズで表示します
濡れたテントは重いので速攻の日帰り

常念小屋より横通岳
クリックすると元のサイズで表示します
大天井岳はこの峰の先

常念岳中腹より北穂高岳
クリックすると元のサイズで表示します
以前、金木戸川双六谷遡行後、双六岳から槍ヶ岳を経ての大キレット越えはくたびれた記憶がある

常念岳山頂
クリックすると元のサイズで表示します
長年通った穂高より見えた常念岳山頂は狭く、天候も下り坂の様相だったので速攻で下山した。これで気になっていた山頂のひとつを登頂することができた

15日 泊7:40−穂高駅9:10(高速バス)新宿
早朝10時のバスには時間が有り余っていたのでロッジから、たぶん8キロ前後の距離を穂高駅まで歩くことにした。


10月に黒部川下ノ廊下に踏み跡を残すための準備運動である
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ