老い朽ちる日までに

老い朽ちる日を見据えて、折に触れて思いついたことを書きとめて生きた証しにしておくことにする。

 

自己紹介

1933年8月6日に神戸市に生まれ、現在は1971年8月から東京23区東部に49年間棲みついています。2010年12月に52年間連れ添った妻が先立ち、以後は読書とパソコンで気儘に余生を過ごしています。 (2019年4月1日撮影)

拍手ランキング

1位 告解 (薬丸岳著)
1拍手
2位 色っぽいカジュマル
1拍手
3位 鷹、三年ぶりにリーグ優勝した
1拍手
4位 三度目の水道の出しっ放し
1拍手
5位 慣れはコワい
1拍手
10/25〜11/1までのランキング結果です。

RSS取り込み1

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:山爺
shiro-chan>
昔は優先席などはなかったけど、高齢者や障がい者には座席を譲る思いやりのある人が多かった。みんな疲れているのでしょうねぇ。
年寄りや子連れは混雑する電車に乗らなければいいのにと思った時期もあったけど、そうはいかないのが人の生活なんだと身をもって知らされました。(恥)
投稿者:shiro-chan
僕のような遊び疲れは言ってみれば自業自得ですが、仕事で疲れきっている時などはやはり譲って欲しくなるでしょうね。

しかし、優先座席のルールは東京でもそのようなのですから、関西では当たり前。車内アナウンスもいかにも事務的。車掌をひとり増やして車内巡視をして注意させればいいのに…と思うことがあります。

でも、混んでいる時間帯に優先座席が一人分だけ空いている。前には若者が立っている…そんな光景も時には見かけます。なんだか嬉しくなりますね。
投稿者:山爺
ペルソナさん>
先日、優先席に座ってた高齢の男性が優先席の前に携帯を開いて乗ってきた若い男に注意をしてました。男は「うるさいな」とつぶやきながら移動しました。次の駅から乗ってきた携帯男にも同じように注意したら二人目はすごすごと移動しました。
勇気ある人だと感心しました。


 
投稿者:ペルソナ
そうですね。おっしゃるとおりです。
私の若い時は本来気が短いので、電車の中でも正しくないやり方には辛抱できずに怒鳴り散らす事をしましたが、高齢になってからは口を慎むようになりました。ですから優先座席の前には立たないようにしています(笑)
喧嘩早いのは良くないと自重しております。

http;//mixi.jp/show_profile.pl?id=40742891&from=navi
投稿者:山爺
ペルソナさん>
でもね、優先席で若い者が眠ったふりしていたり、携帯電話を操っていて気づかないふりをしているのに出会うとムッとしますよ。睨みつけてやります。
投稿者:ペルソナ
そうですね。老いは避けられません。
受け入れてそれなりに過ごしております。
譲っていただける時はあり難いですし、満席で譲っていただけない時もありますから、その時は仕方が無いと思っています。
出来るだけ感情の起伏を穏やかにしようと思っています(笑)

http;//mixi.jp/show_profile.pl?id=40742891&from=navi

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日めくりカレンダー

天気情報

掲示板

メッセージBOX

過去ログ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ