2012/1/29  16:51

手順を知らないと  日記



野菜を食べないといけないという。
葉物の代表格のほうれん草は茹でるだけで手間がかからないので重宝している。
しかし、茹で上がりは歯ごたえがない。明らかに茹ですぎだ。

昨日の夕食の付け合せのブロッコリーが緑々して歯ごたえがあり茎も軟らかい。
職場の調理員さんに聞いたら茹でたのだといわれた。
手順を聞いてボクの方法が大間違いだったことを思い知らされた。
ボクの手順は、
@鍋に水を入れて、塩を落とす。
Aほうれん草をこれに浸して沸騰させる。
B頃合いを見て火を止めて水を切る。
手順が間違いだった。
水を沸騰させてから食材を入れなければいけないのだ。
これで、煮物も魚の煮つけもできるだろう。

少し利口になったようだ。
何事も手順を知らないと、とんだことになる教訓か。
1



2012/1/29  21:03

投稿者:山爺

shiro-chan>
土を基準にするのは覚えやすくていいですね。クグってまで料理を作っても食べるのは自分ひとりだし評価してくれる人もいないので、適当に考えもしないで「エサ」を作っています。
これからはブロッコリは沸騰してから茹でます。

2012/1/29  20:56

投稿者:山爺

ペルソナさん>
一応、計量スプーンと計量カップを用意しましたがほとんど使っていません。だしも調味料も適当、出来上がりを気にするようなものは作らないので。
失敗したものでも、口を騙しだまし食べていますよ。

2012/1/29  20:14

投稿者:shiro-chan

土より下にあるものは水から、土より上にあるものは沸騰してからだと教わりました。もっとも時間も問題ですが。ググッたらなんでも出てきますよ(笑)

ついでにブロッコリーは栄養の塊だそうですよ♪

2012/1/29  19:53

投稿者:ペルソナ

山爺さん、今晩は。

料理には手順があるようですね。茹でる場合、茹で過ぎはだめでしょう。肉類をしゃぶしゃぶで食するのと同じようですね。
調味もいきなり調味料を入れ過ぎて食べられなくなった失敗を経験しました。
やはり、料理は失敗は成功の元になるのでしょうね。失敗はやはり食材がもったいないですね。

http;//mixi.jp/show_profile.pl?id=40742891&from=navi

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ