2017/11/23  19:11

不可思議が解明  日記



バックアップ用に2TBの外付けハードディスクを購入したのは、このパソコンを購入した後だから昨年の9月頃だった。

Cドライブの空容量が833GBもあるのに、ハードディスクの空容量が日々少なくなり300GBにまでになった。新しく画像などの大きなファイルの保存もしていないのに、不可思議だった。

一昨日、Eドライブを開いてファイルを見ると「BUdata」というのを2個見つけた。dataが毎日のように残されている。初期設定の時に自動更新を選んだのだろうと見当をつけて、このファイルをハードディスクから削除の作業を始めた

ところがファイルが大きく削除完了まで1つ目のファイルを削除するのに2日間、パソコンを立ち上げたまま。改めて、2つ目のァイルを削除するのにUSB3.0のコネクターを使って12時間ほどで削除を完了することができた。

ハードディスクの空容量は1.63TBに戻った。不可思議の解決である。
1



2017/11/24  21:31

投稿者:山爺

SHIRO-chan>
外付けHDの過去の自動バックアップの日々のdataなので不要のものでした。

2017/11/24  17:06

投稿者:SHIRO

感じがガラッと変わりましたね!

削除したファイルは不要なものだったのでしょうね、もちろん?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ