2019/8/14  11:00

純子 (赤松利市著)  読書暦

これはうんこと少女の話ですが、本当に美しい物語です――。
下肥汲みの家に生まれた美少女・純子は、家業を手伝いながら、遊女だった祖母に「男を虜にする女になれ」と手練手管を教わりながら育つ。母は井戸に身を投げて死んでしまい、祖父、祖母、叔父との4人暮らし。時代は高度経済成長期へ移ろい、生活環境も変わっていく。
ある日、村の水が枯れかかっていることに住人が気付く。水がなくなれば生きていない。その危機を救うため、純子は都会へと――。

63歳住所不定、話題作連発の奇才が描く、昭和ノスタルジック・ファンタジー! 2019年7月刊行
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ