老い朽ちる日までに

老い朽ちる日を見据えて、折に触れて思いついたことを書きとめて生きた証しにしておくことにする。

 

自己紹介

1933年8月6日に神戸市に生まれ、現在は1971年8月から東京23区東部に49年間棲みついています。2010年12月に52年間連れ添った妻が先立ち、以後は読書とパソコンで気儘に余生を過ごしています。 (2019年4月1日撮影)

拍手ランキング

1位 2021年11月に読んだ本
1拍手
2位 ギシギシと不可解な音
1拍手
11/29〜12/6までのランキング結果です。

最近の投稿画像

RSS取り込み1

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:山爺  
世人さん>
前回3年前よりは悪化しているとは思っていましたが、2ランクアップで驚きました。何をしても痛みの回復はダメでしょう。
投稿者:世人
要介護2ですか。ショックですね。しかし、それなりに生活されて日々を気分的にもお楽に過ごされますように願っています。私も支援、要介護を考えなくてはならない年です。体の中からは時々、多少の老体上の警告を受けている日々です。でも、まだ、動けることに感謝している日々です。
投稿者:山爺  
沼さん>
自分では変わりないと思っていても、老いはいつしか忍びこんできます。老いは切なく虚しく残酷なものです。だから自覚したくありませんが〜。
投稿者:沼
僕にも来る道ですから山爺さんのお気持ちを大切に記憶しておきます。
投稿者:山爺  
SHIRO-chan>
いっぺんに介護2になって戸惑っています。
要支援の時は週に1割負担の月極だったので料金の見当が決まってたので気楽でしたが〜。
投稿者:SHIRO
私は、最初(二年前)から要介護2でした。よくわかりませんが、要支援より、多くのサービスが受けられるのではありませんか? 二割負担なので、私は週二回のリハビリだけにしていますし、今のところはそれ以外のサービスを受けるつもりはないのですが。私の場合は、例のチャリの事故で入院したのがきっかけでした。
投稿者:山爺  
yuki55さん>
せいぜい要支援1かなと思っていました。
無理をしたくてもできなくなってきました。家の中では、腰を曲げてヨチヨチ伝え歩きです。
脊柱管狭窄症を労ってくださいね。
投稿者:yuki55
ちょっとショックな判定ですが、無理したらいけませんというサインと受け取って、頑張りましょう。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

メッセージBOX

過去ログ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ