2015/5/19

国際バラとガーデニングショウ1  イベント

今年は国バラに参加している色々な展示やガーデンをあまり余裕のある気持ちで見ることが出来ませんでした.残念・・・・

ただ,やっぱりそれなりにマニアックなところに興味を惹かれたり,新しい事を知る事が出来たりしたので,収穫もありました.
少しずつここに書いていきたいと思います.



やまめが参加したRHSJの紹介ブースでは,真ん中に晴海の園芸装飾セミナーでも使用したボートを利用し,緑いっぱいの装飾を行いました.

クリックすると元のサイズで表示します
植物による癒しの世界へいざ,船出・・・

周りのガーデンや装飾がバラ,バラ,バラ・・・
なのに対して,この装飾は遠くから見ても異色で目立っていました.

柑橘の香りやハーブに触れて香りに癒されたり,楽しんでもらう目的で作られた装飾.

樹木は左からジャボチカバ(一番背が高い木),シマトネリコ(背景手前),ダイダイ(ボート),グミ(背景),オリーブ(ボート),レモン(背景右)と,かなり大きな樹木が入っています.

その中で,最もお客さんを惹きつけてやまなかったのは,ダイダイでした.

年配の方はほとんど足を止め,「これは何の樹ですか?」と尋ねられました.
いえ,文字通り老若男女,みんな興味津々でブースに来てくれるので,例年より人が多く感じました.

会話は判で押したように,
「これは何の実ですか」から始まり,「えっ!大きい!!」と感嘆し,ついで昔庭にあったとか,何故花と実がついているのかとか,花の香りについて等の感想や質問で盛り上がりました.

実は香りについては右のレモンの満開の花が,ジャスミン顔負けの濃厚な香りであたり一帯を被っていたので二つの柑橘の香り聞き比べもしてもらったり・・・

今回のダイダイに対するお客さんの反応を見ていて,柑橘に対する人々のあこがれとか,気持ちの高まりとか,小さい頃の思い出の投影とか,収穫の喜びなど色々感じるものなんだと言うことを知りました.

みんな,ちょっとうれしそうに花の香りを楽しみ,実をそっと手の上に乗せて重さを測ってみたり・・・
大きなダイダイを見て,テンションが上がる人は結構いるんだなぁと認識を新にしました.

クリックすると元のサイズで表示します


味についても聞かれましたが,最終日の撤収で実が採れたので,皮を剥いてみました.
すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します


皮はすごくいい香り
本当に癒されました.

ただ,実は皮に比べて小さっ

やはり,お正月のお飾りとして縁起物ではありますが,食用ではいまいちっぽいです.

季節的には今頃が収穫の時期なのかも知れません.

今回は柑橘と人について,色々勉強になりました.

2
タグ: ダイダイ



2015/5/23  1:08

投稿者:やまめ

酸味が強くて生食には向かないけれど,香りが良いので搾って調味料に加えたりジュースにする柑橘のことを香酢柑橘とか,香酸柑橘というのですね.
こういう表現を初めて知りました.
揚葉さん,さすがです〜
やまめは酸味が大の苦手なので,特に今までの人生で関わってこなかった分野です.
勉強になります(^_^)/

2015/5/22  16:05

投稿者:揚葉

橙は香酢柑橘類のはずなので生食には向かないと思いますよ〜

ポン酢とかマーマレードとかにすれば美味しいかと…(`・ω・´)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ