2016/4/29

石窯ガーデンテラス  庭園見学

先週,鎌倉の浄妙寺境内にある,石窯テラスガーデンを見学してきました.
クリックすると元のサイズで表示します

なぜお寺の境内にレストランがあるのか,ちょっと不思議.

古い洋館を改装して美味しい石窯パンや食事が出来るらしいのですが,外のテラスではのんびり写生したり,ただゆったりくつろいでいる人たちがたくさん.
午後の日差しの中,ここだけ時間の流れが遅くなっているようでした.

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


レストランもテラスもいっぱいだったので,お庭だけ見ることに・・・

クリックすると元のサイズで表示します


まず目に飛び込んでくるのはきれいな芝のお庭.

クリックすると元のサイズで表示します


その周囲を歩けるようになっています.

このガーデンはガーデンデザイナー,ニコラス・レナハン氏がデザイン,管理を手がけているイングリッシュガーデンだそうです.
(もしかしたら昨年の国際バラとガーデニングショウでお話したかも・・・!)


四季折々の花が楽しめ,バラ,ハーブ,シェードガーデンなどがあるのですが,訪れた時は,なんといっても菜の花かと一瞬見まごうばかりのたくさんのユーフォルビアの黄色い花の塊が見事でした.

前からユーフォルビアは面白いと思っていたのですが,こんなにたくさん植えられているのを見たのは初めてです.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


シェードガーデン.

全体的に手が行き届いているなぁ・・・

日々の手入れはレストランのスタッフの方達が交代で行っているとのこと.
どの植物たちも生き生きしています.

クリックすると元のサイズで表示します


整形式のミニガーデンもありました.

クリックすると元のサイズで表示します


もうすぐ薔薇が咲き,イングリッシュガーデンの本領発揮の季節です.

気がつけば一週間が飛ぶように過ぎていますが,今を楽しまなければガーデナーとしての楽しみがなくなってしまいます

そんなことも忘れていた自分に気づきました




1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ