2019/3/8

鉢植えビオラ  植物

最近よく雨が降りますね.

1月に降らなかった分,植物たちにとって恵みの雨になっていると思います.

二十四節気の「雨水」(2019年は2月19日〜3月6日)から春にかけて降る雨は催花雨といって,早く咲けとせきたてるように降る雨のことだそうですが,せきたてるというより,優しく促すイメージの方がしっくりくるのですが,どうでしょう?


この雨のせいか,庭の植物たちも急に大きくなったり芽がふくらんできて葉が展開してきました.

鉢植えにしてあるビオラ達も花の数が増えていよいよ春近し,といった様子です.

地植にするものより一苗の存在感が大きくなる鉢植えでは,同じビオラでも繊細で面白い花を選んで植えています.


個性が強い絞り柄.

着物を何故か連想します.

紫の方は,実物はもっと落ち着いた深い紫なのでここまで派手には見えませんので・・・

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


毎年気になるニュアンスカラー.

形も大きなフリルや細かなフリルで自由な感じ.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


今年はピンクの花をなかなか見つけられず,やっと見つけたのはサクラの花のような淡いピンク.

クリックすると元のサイズで表示します


もっと濃くて混ざり気のないピンクが出てきてもおかしくないと思うのですが,生まれにくいものなのでしょうか?

育種家さんに会うことがあったら是非聞いてみたいものです.

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ