2010/11/15

ピノッキオ公園  イタリア庭園紀行

昨日,母校の学園祭に遊びに行ってきました.

後輩たちが丸の内ガーデンショーで賞を取ったり,技能五輪で銀賞を取ったり,室内園芸のコンテストで受賞したなど,喜ばしいニュースをたくさん聞くことができました.

しかも今年母校のホームページが一新され,美しく,しかも見やすく親しみやすい素敵なものになったため,体験入学の問い合わせや学校に興味を持ってくれている人が増えたとのこと.

開校10周年目にして,これもうれしいことです.
そのせいかお客さんも例年になく多かったように見えました.


卒業生である自分も頑張らなきゃなぁ・・・と思いました.




さて,話は変わりますが,イタリアの続き.

ガルゾーニ荘から歩いて5分くらいのところ,ほぼ隣の敷地と言っていいくらいのところにピノッキオ公園があります.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


子供が遊びにくる公園で,しょせんたいしたことないだろう・・・・なんて思ってはいけません.

確かに小学校低学年以下の子供たちの遠足などによく使われているような感じでしたが,ピノキオのお話をテーマにした彫刻や仕掛けが色々あって大人でも何となくわくわくすると思います.

童心に帰れて結構楽しいものでした

ピノキオは確か結構ひどいこともしていたようで,そんなエピソードのかけらを知りたい人はこちら

原作「ピノッキオの冒険」はイタリア人作家,カルロ・コッローディが1883年に発表したもので,コッローディは母の故郷,ペーシャにあった農村の名前だそうです.

つまり,やまめたちが電車を降りた駅のあるあたりですね.

こんなに有名な物語ゆかりの土地だとは知りませんでした.

ペーシャ駅にもこんなピノキオがいました.

クリックすると元のサイズで表示します


なんだか少しずる賢そうなピノキオです.




園内にはたくさんのピノキオ.

名のある芸術家が創ったものなのかも知れません.

クリックすると元のサイズで表示します


大きなドールハウス.

2階の園路から中を覗くと

クリックすると元のサイズで表示します


すやすや眠るピノキオが・・・

ピノキオの家,という想定なんです.

クリックすると元のサイズで表示します


さらに至るところにピノキオだらけ・・・

クリックすると元のサイズで表示します


公園の一角,一段低くてひっそりしたところにガラスに閉じこめられたピノキオが.

ちょっと不気味です

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


蛍光青紫の馬って・・・強烈ですね

クリックすると元のサイズで表示します


巨大なピノキオ.

空を見つめて何を思っているのか・・

クリックすると元のサイズで表示します


漫画チックな刈り込みピノキオ.

クリックすると元のサイズで表示します


そしてガルゾーニ荘から見えたピノキオ.

大型バスがたくさん止まっている駐車場のところで発見しました.

クリックすると元のサイズで表示します



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ