2010/11/17

ピノッキオ公園2  イタリア庭園紀行

イタリアのピノッキオ公園には,主役のピノキオはもちろん,物語に登場するいろいろなキャラクターが彫刻となって点在しています.

クリックすると元のサイズで表示します




そして,誰もが触れたり,中に入ったり出来るようになっています.

日本にはこんな公園あるでしょうか.

子供が乗っても問題なし.

小さい頃から芸術に遊びの中で触れられる環境ってすばらしいですね.

クリックすると元のサイズで表示します


普通の園路に,いきなり何かを担いだウサギ?たち.

いかにもこれから秘密の場所に何かを納めにいきそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


竹とカニの組み合わせ.

ご丁寧に目のあたりから水がピューーッと噴き出しています.

クリックすると元のサイズで表示します


何故かフライパンもぽんとおいてありました.

物語の中でフライパンは何か重要な役どころがありましたっけ?はて・・

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは池に浮かぶクジラ.

クリックすると元のサイズで表示します


クジラの口の中は,かなり広々しています.

クリックすると元のサイズで表示します


中から池を見学.水上の景色を楽しめます.

クリックすると元のサイズで表示します


そして上にのぼってみると,結構な迫力で水が池に向かって放物線を描いています.

こんなふうに水が動いていると,ワクワクしてきます.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


帰りに洞窟の中に宝箱がある・・・らしき場所があったので見学.

中は真っ暗ですが子供ではないので怖くはないです.

クリックすると元のサイズで表示します


と,思ったら真っ暗な中で自分のバッグがバイブで振動し始めました.

電話かな?と一瞬思ったのですが,イタリアで携帯にかかってくるはずもない・・・・・

と,気づいてあわててバッグを小脇に抱え込み,うしろを振り返るとそこには若いカップルが.

「今バッグの中に手を入れてましたよね」と詰問したのですが,知らん顔.

幸いバッグには何も入っていなかったのでとられませんでしたが,大胆にもごそごそかき回されていたなんて・・・

後から想像すればするほど怖くなりました.

何が見えるんだろうね〜なんて,一生懸命暗がりで覗いていると,案外大胆にバッグに手をつっこんでもわからないものなんですね.

初・スリ体験でした´_`=3=3

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ