2010/11/23

グレゴリウス荘2  イタリア庭園紀行

Villa Gregorianaの続き.

イタリア語がわからないので,歴史や添景物の背景などがまったく理解できないまま目の前に繰り広げられる光景だけを見ていたわけです.

その分,新鮮な気持ちで眺めることが出来たわけですが・・・

こんな遺跡のようなものを見ると,いつの時代に誰が住んでいたのかなぁと想像してみます.

破壊されているのはやはり19世紀の洪水が関係しているのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


石の文化です.

ひとつひとつ小さな石を積み重ねて大きな建物を造ることを想像すると,とてつもなく財力や権力が必要なんじゃないかと考えられますよね.

つまり,大きな建物は大金持ちじゃないと建てることが出来ないということが実感できます.


クリックすると元のサイズで表示します


昨日紹介した滝とはちょうど反対側に2段になった滝が見えます.

この滝は自然のものだと思うのですが・・・

ここを目指して100メートル以上,下っていきます.



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


下っていく途中にあるこの大きな壺は庭園のなごりでしょうか.

不思議な状態で飾られています.

クリックすると元のサイズで表示します


岩壁の形もユニークですね.

なんとなく座ってくつろぐ気にはなれないベンチ
滝を見物するために置かれているようです.


クリックすると元のサイズで表示します


流れと同じ目線に降りてくると景色の見え方が全然違います.

クリックすると元のサイズで表示します


この流れは,なんと不思議な岩の間に消えていきました.

これも自然なのか?

何となく奇岩風にしているようにも感じたのですが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



いたるところに人工的な雰囲気が残っているので,もし自然のままでなければ,どんな難工事をしたのか・・・そう考えるだけで圧倒されます.


クリックすると元のサイズで表示します


この道もわざわざくり抜いて通路にしたと思われます.

もしかしてものすごく柔らかい石なのかな.

それにしても教皇の力ってすごい,ということだと思います.

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ