2008/8/7

上野ファームpart2  北海道ガーデンツアー

上野ファームのガーデンを紹介します.(昨日の続き)

クリックすると元のサイズで表示します


この塀の向こうに何があるかというと・・・

クリックすると元のサイズで表示します


一番古い,マザーズガーデンという上野ファームで最も古いガーデンエリア.

ダイナミックで色彩豊かなガーデンになっています.

クリックすると元のサイズで表示します


絵のようなヘメロカリス.

クリックすると元のサイズで表示します


高性のスカビオーサ.2m以上!

不思議な世界を作り出しています.

クリックすると元のサイズで表示します


燃えるようなモナルダ.

クリックすると元のサイズで表示します


確か,オレンジ系のペンステモン.

クリックすると元のサイズで表示します


ロングボーダーに植えられていたテマリシモツケ.

最近,園芸店で50cmほどの苗をよく見ますが,やっぱり2m越えの大きさになるんですね.

とてもいい感じ.

広いスペースがあったら植えてみたい樹です.

クリックすると元のサイズで表示します



左右対称に宿根草を植えたミラーボーダー.

クリックすると元のサイズで表示します


たぶん,輸入品種のホリホック.
レモンイエローがとても美しい

クリックすると元のサイズで表示します


異なるイエローで構成された花壇.

クリックすると元のサイズで表示します


名前がわからないけれど,とてもきれいな白い花.

クリックすると元のサイズで表示します


全体的に盛りだくさんな感じで,どの植物も元気に美しく咲いていました.

ただ,花壇を構成する植物の種類のメリハリがやや弱くなって,主張するポイントが曖昧では・・・・というやや渋めの声も.

そう,キレイだといってばかりではいけないのかもしれません.

やまめが気になったのは,園路の材質とエリアの作り方.

このように広く,テーマ別に作ったようなガーデンは,園路の材質もきっと大切なのでは・・・・

そう,つるつるに光った御影石(手前の一部だけですが)はいただけないなぁ・・・と思ったのでした.


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ