2009/9/11

平成21年8月12日   野呂山  

盆になると旅行で山へ登る機会がなくなるから、今日野呂山へ行こう。と言う事で、朝食を食べて、準備をして、出かけた。九時半頃駐車場へ着いた。

駐車場から登山口の方へ行くと、いきなり真っ白なユリが目に入ってきた。

白いユリはテッポウユリだが、季節が違うような気がする。ひょっとすると近年増えていると言う、タカサゴユリか。タカサゴユリの資料がない。

クリックすると元のサイズで表示します

栗が出来始めている。

クリックすると元のサイズで表示します

ツユクサが丁度季節になってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

カタバミも咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

アザミの種類も多いので判り難いが、此れはノアザミでいいのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

キキョウも咲き始めている。

クリックすると元のサイズで表示します

此れは何だろう。 調べて見たら、ヘクソカズラと言うそうな。

屁糞蔓と書く。葉、茎花を積んで揉むと、いやな臭いがするそうな。

何とも気の毒な名前だが、別名、サオトメカズラ、早乙女蔓、此れなら可愛い名前だ。又の名をヤイトバナ 花の中央の赤色をお灸の痕に見立てた。


クリックすると元のサイズで表示します

 このたび始めてこの花を見たが、見て、名前を知って見ると。以外にも、街中の植え込みの中に彼方此方見つけた。

別名が幾つも有るのは、身近に在る花だからだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

兜岩コース登山口から、檜林を少し行くと、水場が在る。

十年ほど前になろうか、ここに花束が置いて在った事がある。 一人で登山していた男性が、此処で心臓発作を起こしてお亡くなりになったと聞いた。

その後何年か、時々花が添えてあった。
最近は見たことがない。

クリックすると元のサイズで表示します

檜林を過ぎると、日がさす場所には、コシダの中からもキキョウが顔を出していた。

クリックすると元のサイズで表示します

此れでも茸のうちです。

シロツチガキ 白土柿  不食

クリックすると元のサイズで表示します

ツルリンドウ 目立たない小さな花です。

クリックすると元のサイズで表示します

ユリノキの蕾です。まるきり前と同じで咲きそうにありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

マツヨイグサ

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマハギ

クリックすると元のサイズで表示します

コオニユリ

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマユリ 咲いていました。大きなユリです。この近くに五本くらい在ったような気がしますが、三本で、盛りが少し過ぎていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒメジョオン  花期が長いですね。明治初期に文明開化と同時に入ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

カワラナデシコが在りました。もう秋が近いですね。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ