2011/1/28

殺戮の神!ばかり  
 人々はみな不平と不満で一杯で、キッカケがありさえすれば、いつでもキレるのね。『殺戮の神』はそういう芝居だ。夫婦間でも、思想的にも、溝はある。世界には、殺戮の神が充満していて、一触即発なのだ。われわれの世界でも同じこと。シス・カンパニーの今日の芝居は、現実的であるとともに、作家レザの過敏な世界を表出していた。
 キレたい、なんか爆発したい、感。これは現代病みたいなものなのね。
レザの思想的な解釈はいろいろおいておいて、芝居は、おもしろかった。ほんとうに。こうなると、理屈抜きだ。
帰り、初台商店街のある、和食屋さんで飲む。今日切符を取ってくださった高橋克実さんが、寄って下さり、一緒にビールを飲む。で、ワンショットというところが、写真なんてとらないよー。新国立劇場で、これほど観客が笑っている芝居は初めて観た。フランス現代演劇、少しずつだが、イケてるのではないだろうか。
3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ