2011/1/28

世界の縮図  
 ヤスミナ・レザ作『殺戮の神』シス・カンパニー公演。昨日の日記を読んでみたら、結構酔っ払っていたんだなと思った。「大人は、かく戦えり」というタイトルに改題されていたが、台本に忠実という印象。家庭用品を売るミシェルのアパルトマンが豪華すぎる、とか、アネットがゲロを吐くと、猛烈な勢いで箱入りのティッシュペーパーを大量に使うといったところが、フランスでは無いな、と個人的には思ったが。(日本人が神、じゃなくて紙を湯水の如く使うのはよく知られている。リッツなどの高級ホテルでは日本人が泊るとすごい量の紙を使うので、実はいやがっている)でもでも、お芝居はとても面白かった。
 事件を平和に収めようとしたのに、どうしようもない本音むき出しの”戦い”に発展していくのは、この世の縮図に見える。左翼の活動家であるヴェロニクの、現実は不平不満だらけの夫婦生活、家庭ではいい母親役を演じているという皮肉。 本音が爆発し、登場人物たちが言いたい放題になると、客席は爆笑。このカタルシスはすごい。ヤスミナ・レザは凄いのだなぁ、とつくづく感心したのである。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ