2012/12/30

CF仮設小屋  
 一本目。一週間ほど、ずっと雨降りで、出かける気にもならなかったが、やっと劇場へ行く。
Le Jeu de l'amour et du hasard はコメディ・フランセーズ、マリヴォーの言わずと知れた「愛と偶然のたわむれ」。”たわむれ”って訳どうだろう。戯れと書くとより、日本語では淫靡な感じがしてしまうのは私だけだろうか。
意訳だったら、-偶然のラヴゲーム-くらいで、いいのでは。「偶然。と戯れているわけじゃないので。ま、いいとして。
劇場は、本来のリシュリュー劇場が丸天井の修復および諸々リニュアルのため改装中。現在パレ・ロワイヤルの庭園内に木造の仮設小屋が建っている。仮設といえど、746席。
 当日少額チケットの列に並びはじめ、まあ、なんとかとれるかなぁと思っていた頃、財布を忘れたことに気づく。バカだ。いったん財布を取りに戻って、駆け込んだのは開演時間。補助席を16E。ま、ま、これもいいとして。会場ほぼ満席。来るのねぇ、年末でも。というか、お休みなんだから、やることなければ劇場へ来る。いいねぇ。東京で年末公演て、入らないよねぇ。ワゴンを並べたようなセットが良かった。リゼット役がおいしいのだろうけど、アルルカンが演りすぎていなくて好印象。クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ