2018/10/13

秘密の箱  
この12月に七回忌を迎える青年座同期の写真を探してた。十八代目中村勘三郎さんが亡くなった翌週に旅立った最愛の同志、M.一緒に苦労した。福島市出身。ルームシェアで一緒に住んでいたこともある。そんなこと、私が話さなければ誰も知らない。「夏の夜の夢」のタイテーニアと芥子の種。同じ箱には、先月亡くなった別のM.みっちゃんの写真、2005年のノエル。今日までパリの13年間が蘇る。別のアルバムは2003年の冬パリ、文化庁で初めて送られたパリで荷物が着かず、冷たい雨に凍えてた。ヴォルテールの公衆電話ボックス、勿論今はもうない。
 「News News-テレビは何を伝えたか」長野公演で、再会した高校時代の恩師で登山家の国語教師あの先生からのお手紙。先生と女生徒の薄恋慕、の記憶…消印は平成11年。
横浜の従姉妹たちからの手紙、文集、御巣鷹山の事故で消えたノーニンの追悼文集。そして大学時代の友人からの28年前の手紙。娘の写真が同封されている。あの頃、どんなことを考えていたのだろうか。大幅な軌道変更でわたしは演劇の世界に入り、今悉く縁のある場所と繋がっている。小学生になる前に住んでいた富久町に今ある、都立総合芸術高校でのしごと、父の地元横浜での高校演劇部。母の郷里長野での高校演劇審査。なんだろうこれ。そしてもはや30年になろうとしている私の演劇人生は、果てしなく甲斐も無くそして自由だ。
来年の作品は、富久町と四ツ谷三栄町出身の大先輩方がわたしの翻訳劇に出演してくださる。そんな光栄な巡り合わせ。来夏までは決まっている、弱音を吐いてはいられない。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ